まぶたの形で方法を決める

顔に触れる女性

3つの治療法

美容整形の技術も進歩し、二重にする整形のバリエーションが増えてきました。費用を抑え、切らずに二重にできる埋没法や、効果を長期間持続させる切開法などさまざまですが、それぞれトラブルを避けるために注意しなければならないことが2つあります。まず、料金の確認です。埋没法の費用は片目5000円前後から受けられるところもあり、手を出しやすい値段になっています。切開法には全切開と部分切開があり、それぞれトータル数十万円を超えることが多いです。値段に重点を置いて方法を選ぶのも問題ないのですが、料金表示とは別で麻酔代やアフターフォローなどのオプション料金がかかる場合もありますので、確認をするようにしましょう。次に、治療後の過ごし方です。いずれの整形方法にもダウンタイムがあります。個人差はありますが、腫れやむくみなどの症状が埋没法だと2日〜3日、切開法ですと2週間ほどあります。見た目にも目立つと考えられますので、人前に立つ仕事に従事している場合は療養期間を確保するほうがよいでしょう。また、埋没法はダウンタイムこそ短いですが、しっかりとなじむまでに2か月ほどかかる場合がありますので、強くこすったりしないように気を付けましょう。二重のための整形を考える場合、まぶたの形状によって適する手術が分かれます。まず、まぶたにそれほど厚みがない場合は埋没法が費用も少なく負担も減らせるのでおすすめです。眼科で使用されるような細い糸で二重のラインを作っていくものです。次に切開法の中でも部分切開法は、腫れぼったい感じのまぶたに適しています。まぶたの厚みがあると埋没法では糸が切れてしまってうまくラインを作れないこともあり、この厚みを処理する必要があります。そのために部分的にまぶたを開き、無駄な厚みを取り除いたうえで二重のラインを作っていくというものです。この方法はまぶたにメスを入れることになるので、担当医と慎重にカウンセリングを行なうのが重要です。最後に全切開法ですが、こちらは腫れぼったさが部分切開では手に負えないようなまぶたのときに用いられます。組織のほかに脂肪も取り除かなければならない場合に用いられ、邪魔な厚みを取り除いたうえでラインを作っていきます。切開法ですと埋没法に比べて費用はかかり、ダウンタイムは数週間を要しますが、埋没法よりも二重の持続性は長くなります。どの方法を選ぶかは、受診した美容整形外科の担当医と慎重に相談し、納得のいく形で治療に臨みましょう。

Copyright© 2018 少なくない費用をかける二重整形の注意点|家で安静に過ごすこと All Rights Reserved.