炎症を起こさないためには

看護師

手間を省いてキレイな瞼に

憧れのくっきりした二重まぶたにするために整形を行っても、術後の生活次第では炎症を起こすこともあるので注意が必要です。二重整形を行ったあとに気をつけたいのはダウンタイムで、術後の腫れが引くまでに必要な期間のことを言い、この期間に炎症を起こしてしまうと腫れが長引いてしまいます。埋没法で施術をした場合には細い糸を使って固定しているので、お化粧を落とす時には強く洗ったりしないように気をつけ、丁寧にゆっくり優しく洗いましょう。コンタクトレンズをしている方は瞼を触る機会が多くなるため、二重を長持ちさせるにはなるべく触らないようにし、引っ張ったりしないようにして下さい。施術後は特に腫れやすい期間なので、清潔なタオルなどで保冷剤を包み目もとに当てて冷やし、そうすることで組織内に血漿成分や血液が漏れだすことを抑えることができます。しかし冷やし過ぎると血液の流れが悪くなったり、治りが遅くなったりするので気をつけましょう。術後に薬を処方された場合には決められた通りに薬を服用することが大切で、薬を飲み忘れると細菌に感染したり化膿したりする場合があるので、勝手な判断をしてはいけません。費用を支払って手術をしても術後の過ごしかたによってダウンタイムが長引いてしまう場合もあるので、費用をムダにしないためにも術後は安静に過ごすといいでしょう。二重整形のダウンタイムは埋没法の場合で約3日、切開法の場合なら1〜2週間程度が一般的ですが、この期間よりも腫れが長引いてしまう場合もあります。ダウンタイムは大きな腫れが引く期間ですが、完全に炎症がおさまるまでには3か月〜1年はかかってしまいます。手術はどうしても腫れてしまうため、二重整形する場合には連休中や冬休みに行う人が多く、このような期間に行えば腫れが長引いても誰にも会わずにすみ、家で安静に過ごすことができます。またこの期間中はお酒やたばこを控えることも必要で、ダウンタイムを少しでも早く終わらせたいと考えるのであれば、一週間程度は禁酒・禁煙をするといいでしょう。接着剤を使って疑似的に二重を作る方法もあり、この方法なら費用は安いのですが手間がかかるので毎日行うのは面倒な事です。整形することで手間を省くことができ埋没法と切開法が一般的で、埋没法の費用相場は10万円前後で、数年はきれいな二重を保つことができるので自力で作る手間から解放されます。切開法は埋没法よりも費用は高くなりますが、半永久的に理想のラインを作ることができる豊富です。しかし医師に腕によって傷跡が多少目立つ事もあるので、切開法を行う場合には腕の良い信頼できる医師がいるクリニックを選ぶといいでしょう。

顔に触れる女性

手術の方法と特徴

二重整形手術には瞼にひだを作り縫い留める埋没法と、メスでラインを作る部分切開法と全切開法があります。埋没法が最も安い費用で受けられ、手術時間とダウンタイムが短いです。いずれも局所麻酔で、日帰り手術となっています。

目元

失敗しない様に知っておく

二重にしたい場合は美容整形外科でその希望が叶います。費用は手術方法によって異なるので、事前にクリニックのホームページで確認しておくと良いでしょう。その際には在籍している医師の経歴も確認しておくと、クリニック選びの際に役立ちます。

水着姿の女性

簡単にできるまぶたの手術

美容向けのクリニックを利用すれば二重整形は問題なく利用できますが、最初はカウンセリングを受けなければいけません。費用はメスを使ってまぶたを切る方法だと高額になりますけど、短時間でできる安い料金のものもあります。

顔に触れる女性

まぶたの形で方法を決める

二重にする整形のうち、埋没法は費用も少なく手軽に行えるので人気が高い方法です。が、まぶたに厚みがある場合効果が出ない場合もあるので、厚みを処理して二重にする切開法が適している人もいます。医師と相談して治療法を慎重に決めましょう。

人気記事

顔に触れる女性

手術の方法と特徴

二重整形手術には瞼にひだを作り縫い留める埋没法と、メスでラインを作る部分切開法と全切開法があります。埋没法が最も安い費用で受けられ、手術時間とダウンタイムが短いです。いずれも局所麻酔で、日帰り手術となっています。

目元

失敗しない様に知っておく

二重にしたい場合は美容整形外科でその希望が叶います。費用は手術方法によって異なるので、事前にクリニックのホームページで確認しておくと良いでしょう。その際には在籍している医師の経歴も確認しておくと、クリニック選びの際に役立ちます。

水着姿の女性

簡単にできるまぶたの手術

美容向けのクリニックを利用すれば二重整形は問題なく利用できますが、最初はカウンセリングを受けなければいけません。費用はメスを使ってまぶたを切る方法だと高額になりますけど、短時間でできる安い料金のものもあります。

顔に触れる女性

まぶたの形で方法を決める

二重にする整形のうち、埋没法は費用も少なく手軽に行えるので人気が高い方法です。が、まぶたに厚みがある場合効果が出ない場合もあるので、厚みを処理して二重にする切開法が適している人もいます。医師と相談して治療法を慎重に決めましょう。

Copyright© 2018 少なくない費用をかける二重整形の注意点|家で安静に過ごすこと All Rights Reserved.